11/16/2016

近況 20161116

さて、時間が立ってしまいました。最近の活動について、ざっと・・・。


10月26日にNIMS(Natioinal Institute of Material Science)で講演を行いました。セメント化学の知見がインフラや建築ストックの活用にどのように活かせるかということで、私の経験をもとにマルチスケールな視点の研究が重要であることがいかに大事か、という点で講演させていただきました。合わせて、NIMSの研究設備を拝見させていただき、従来、金属、複合材料、ポリマー、粘土などに利用されてきた研究設備は十分、セメント系材料の微細構造分析に利用できるということを議論しました。
次年度は、Richardson博士やMcDonald博士も来日していただけるという話もありますし、なんらか、東京でシンポジウムなどができたらよいな、と考えています。

10月から、ASRの影響を受けた構造解析に関する研究を受託することになりました。OECDのプロジェクトに規制庁が参加する関係で、私も少ないながら、知見貢献させていただくことになりました。あまり、難しいプログラムを開発することは考えておりませんが、シンプルで効果的なモデルの開発ができたらと思っております。

11月7日~11日は、名古屋大学で、International Committee on Irradiated Concreteを開催いたしました。今回は、8カ国、33名の参加がありました。9日には浜岡原子力発電所で行われているコンクリートプロジェクトに関連して視察を行い、地方紙にもその件が取材されたりと、アクティブな活動を行いました。また、次年度の開催はチェコに決まりました。同じテーマを3日間みっちりと議論するというスタイルは、かなり、効果的です。研究者間が打ち解けて、かなり率直な議論ができますし、誰がどういうことを考えているか、もよくわかります。また、今回は、米国、スペイン、日本の規制庁にも参加してもらったので、今行っている研究がどのように規制に反映されうるか、今何がわかっていなくて、今後なにを研究しなくてはいけないか、など今後の方針なども議論されました。

この間、裏では二国間、多国間の共同研究打合せも裏で行われ、日本としても複数の国と共同研究の可能性について打合せしました。
また、EU,米国などで実施される大型プロジェクトの情報なども入ってきました。全部で6つくらい伺ったと思いますが、そのなかの幾つかについては、コンサルタントの形で参加することになりそうです。研究の実施者というよりは、有識者として研究をガイドすることでも国際貢献できるのは光栄なことです。

さて、一方で、2本の論文が公開になりました。


Multi-scale Review for Possible Mechanisms of Natural Frequency Change
of Reinforced Concrete Structures under an Ordinary Drying Condition
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jact/14/11/14_691/_article

この論文は、構造物の固有周期が変化する要因として考えられる原因を原子スケールからメータースケールの問題までマルチスケールでレビューし、なにかを議論したものです。また、それぞれのスケールでどのような研究が今後必要なのかについても明らかにしました。そもそも、原子スケールの研究と実際の構造物のスケールをどのようにリンクすべきかはずっと頭の中にあったのですが、それをやっと文章の形でまとめることができました。個人的には結構気に入っている論文です。



Change in Relative Density of Natural Rock Minerals Due to Electron Irradiation
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jact/14/11/14_706/_article

こちらの論文は、電子線照射によって岩石鉱物のメタミクト化(アモルファス化、結晶が壊れる現象)について議論したものです。長石類も体積膨張する点、粘土鉱物であっても堆積膨張する点があきらかになったこと、電子線照射によって得られた状況と中性子照射によって得られた体積は大きくことなること、照射の最中のThermal Annealingの影響が非常に重要であることなどを議論した最初の論文といえます。名大の武藤先生と昨年からコラボさせていただいた研究が早速花開きました。
放射線影響下におけるコンクリートについても重要な知見を与えています。


10/22/2016

近況 20161022

職位がかわったからといって、突然何かが変わるものでもありませんし、仕事がかわるものでもありません。とはいいつつも、周りの状況は刻一刻とかわっており、研究状況も含めて猛烈な変化があってちょっと動揺しています。

研究上での進捗を中心として、近況は以下のような感じです。

1.Small Angle X-ray Scatteringを用いて、セメント硬化体中の乾燥時のC-S-Hの凝集構造の変化について議論しました。同様な論文は、Chiangらのものがあるのですが、かれらは、WAXS領域を測定していませんし、どういうわけか彼らが指摘するピークはどうやっても出てきません。そのため、別の観点からの議論を行って、Discフラクタルモデルを用いることで、C-S-Hの凝集構造の変化とその中に存在する層状構造が乾燥時に動的に変化するデータを示すことに成功しました。

Microstructural changes in white Portland cement paste under the first drying process evaluated by WAXS, SAXS, and USAXS
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0008884616301144

共同研究を実施していただいた、共著者の旭化成の松井さん、坂本さんには足掛け6年の長きに渡り、測定、議論をさせていただき感謝申し上げます。本当に長かった。

2.英国で実施した、1H-NMRのCPMGシーケンスについてやっと名大で測定が可能になりました。これでさまざまなデータについて議論ができます。英国で議論した際、ハイデルベルグが出しているホワイトセメントのFeの量が議論になりました。日本の太平洋セメント社(今は、海外産に変化してしまった。)のホワイトセメントは、Feの含有量が小さく、NMR測定にベストな製品と考えられます。研究用途に使うのは想定外かもしれませんが、非常に貴重な研究リソースを失ったのは大変残念です。

3.M2の張くんの研究で、やっとマスコンのひび割れ予測が有限要素法でできるようになりました。破壊エネルギーの時間依存性と塑性変形の考え方、また、温度履歴に依存する物性を適切に評価すると、予測できるという結果になりました。現実をどれだけモデリングするか、というのは常に課題になるのですが、面倒くさがり屋の私共としては、これはどうも考えなくてはいけない、というギリギリのところの現象がいくつかあきらかになったので、論文化できると考えています。Concrack5で概要を発表します。

4.時間と体調マネジメントは常に重要な課題です。もう、無理な会合は無理と言って休まないとこわいことになってしまいます。関係者のみなまさ、ご迷惑をおかけしますが、どうか、ご了承のほどお願い申し上げます。

5.私は音が苦手でした。とくに読書や研究の作業をしているときの音楽は邪魔でしかありません。ただ、最近、電車を含めた公共機関の輸送での騒音がかなり自分の心理面のストレスになっていることを発見しました。(その傾向は飛行機の耳栓で感じてはいたのですが・・・。)その為、移動時に音楽を聞くようになりました。40年生きてきて新しい展開で自分でも驚いています。

6.移動時に論文を読むことが多かったのですが、これですと自分の知識が絞られるばっかりで、なんだか人間ちっちゃくなってしまいそうなので、小説や新書を読むように変えました。論文は大学の作業の合間に読むようになりました。最近読んだのは、村上春樹の「女のいない男たち」でした。久しぶりの短編集です。ねじまき鳥クロニクルあたりから、男女間の絶望的な境遇について記載される傾向が増えてきていましたが、これはその濃縮版です。基本的にスタンスが諦観からスタートしているので、テンションによっては読めないものもあったのですが、最近読了しました。
人間関係には不可逆なものが多く、ターニングポイントは日常に沢山転がっています。自分のどうしようもない怒りとか、欲望とか、野心とか、そういったものを客観視しなくてはいけないと思ってもできない状況を村上春樹の言葉で置き換えて説明してもらったようです。ただ、もちろん解決にはならない。40もすぎると、いろんな哀しいことも起きるようになりますが、そういうのはどうやって体に馴染むのを待てるようになるんでしょうかね。

10/15/2016

ご報告

遅くなりましたが、この度、同じ所属する大学で教授となりました。引続き、トゲトゲした研究ができるよう、頑張ってまいります。

今後の豊富としては大学も生き残りをかけた撤退戦の序盤戦がそろそろおわりそうな感じですが、今後の中盤戦に向けた議論と方針作成、全体の戦略について思うところがありますので、みなさまと議論していきながら、未来に向けて耀環境をもつ大学に少しづつ努力したいと考えております。

研究面においては、建築材料学、セメント科学といった閉じた社会ではなく、他の分野とのコラボレーションができるような基礎環境の醸成とコラボレーションによる実績を積み重ねたいと考えております。近々の研究分野としては、岩石の放射線によるメタミクト化、コンクリーションメカニズムの解明と応用、無機材料におけるマルチスケールシミュレーション、触媒、などがテーマになっておりますから、その点で一つ一つを大事に成果を出し続けていきたいと思います。また、国際的な研究ネットワークもでき始めていますので、そういった中でのより先端的な研究とそれを通じた学生教育に邁進したいと考えています。

社会連携・貢献においては、私の研究者としての立ち位置も概ね見えてきたところでもあり、また、今後は人が少なくなることから、他の人とかぶるようなことはあまりしないでおこうかと考えています。それぞれが、自分の良さ、強み、そして適合性を勘案して楽しく邁進できる方向性を模索したいところです。前時代的に、皆が順番になにか上の人間に指名されて労働が課されるというような形のルールについては、今後は学内も含めて問題点をあきらかにし、重要性とのバランスで実施の意義、重要性、必要性の観点から見直しを勧め、みなが適切に前に進められる条件を見定めながら、前向きな活動をしていきたいと思います。

今後とも、どうぞ、よろしくお願いいたします。


10/06/2016

英国出張

おそくなってしまいましたが、9月11日から23日まで英国出張に行ってまいりました。9日からいくはずだったのが、8日にアクシデントがあり、急なフライトの変更を余儀なくされました。みなさん、体調管理には気をつけましょう。

英国は、最初の1週間にSurreyとLondonに滞在しまして、1H-NMRの分析技術を学びにSurrey大学のMcDonald先生のところに滞在しました。今回の滞在は、Daiwa-Foundationの支援を受けました。
非常に懇切丁寧に実験方法とメカニズムについてレクチャーを受けました。
13日はミニシンポを行い、Gartner博士、Vandamme先生、Muller博士、Hong博士、らと意見交換を行いました。Muller博士と仲良くなれたのは非常にラッキーでした。
翌日は、LondonのImperial Collegeでクリープ現象に関するWSを行い、マイクロインデンテーション技術の応用を始め、多くの実験データについて議論を行いました。午後は市内観光。
翌日は、Surrey大学で、EPFLのScrivener先生にお会いして、最近、Gartner博士と共著で論文を投稿した新しいC-S-Hモデル、および、SAXSを始めとした乾燥時のセメントの変質に関するデータの説明を行い、議論を行いました。EPFLでの現在進行中のプロジェクト、投稿予定の論文についてご教示いただくとともに、ほぼ同様なモデルが議論されていることを知って驚きました。
加えて、最新のEUの研究知見と過去の論文の批評などを伺い、日本とはまったく違うレベルで議論が進行していることを、あらためて認識しました。年に1回は、EUを回って研究知見を自分の足で稼がなくては、そして、自分のネットワークをつくって常に研究データや論文が回ってくるようにならなくては、日本の中だけで研究していてもまったくだめなことがあらためて理解できました。

Surrey大学の次は、Aberdeen大学に移動し、Glasser先生やMacphee先生と意見交換を行いました。新しいセメントのプロジェクトで、現在、カタールにパイロットプラントを建設中のもののご研究や、ガラスの溶解速度、触媒反応に関する研究などについて意見交換をさせていただきました。また、地質学者の方とも議論が行えましたし、多くのネットワークづくりができました。

その後、Leeds大学に移動し、Richardson先生とC-S-Hモデルについての議論を行いました。結晶学的な欠陥と実際のC-S-Hを結晶として考えてよいかについては、かなり異なる見解ではありましたが、多くのことを優しく説明いただきました。

Richardson先生とMcDonald先生は2017年度に来日していただけるということなので、今後、日本においてもなんらかのイベントができたら、と考えている次第です。

8/26/2016

AIJ雑感

今年、2回目の博多です。AIJ大会があり、博多で3日間を過ごしました。大会中は、学会会場と研究打ち合わせ半々くらいで参加でした。会場では、材料部門と構造部門で好きなところに参加しました。

材料部門の発表を見ていると、新しいことはほとんどないものの、ものすごい量の実験データが示されており、これが業界の知見共有にやくだっているんだろうな、と思います。残念なのは、最先端知見のReviewはほとんどされてなく、自分のやっていることの研究の位置づけが明快でなく、夏休み自由研究的なものが多い点です。大学研究でもそうなので、ましてや企業の研究をや。

(企業の研究は、規制基準類に立脚しているデータどりなので、研究というよりは、根拠データ取得というものですね。)

こういうのを見ていると、建築産業は亡くならなくても、建築研究とか建築学はなくなっちゃうんだろうな、と思います。かりそめにも大学という名を冠していて、自分の研究の位置づけが不明、というのは大変残念です。また、そこにそれなりの国家予算と労働が使われているところが物悲しい。
研究といいはる以上、最先端知見をReviewし、位置づけを明快にし、オリジナリティを示す。それができていないのは、学問となっていないので深化の方向とビジョンが明快になっていない、知見交換が国際化されていないからだろうと思います。
だから、あいも変わらず、傲慢な先生を筆頭に宗教がスタートします。

もちろん頑張っている人もいるとおもうんだけど、これでは建築学、建築材料学はそのまま衰退しちゃうんじゃないか、というのを強く印象付けられました。科学的知見に立脚した議論ができず、傲慢な過去の知見を振りかざすお年寄りが偉そうにしている大会に未来はないでしょう。
今年は、ひときわ見ていて辛かったです。

学問であるならば、知見の解明や新現象の発見が主体となり、それを目的とするならコラボレーションはすみやかに進むはずです。でもそうならない。それは、国際化していなく、傲慢な研究者がいいぱなしで持論を曲げず、科学的議論ができないから。そういう業界は真剣な若い研究者に対して魅力がなくなるでしょう。人がいなくなって当然です。

ワクワクする建築とは、程遠い。
今、教授の先生方自体があの場にいて疑問に主なわないのは大変残念だと思います。


8/16/2016

成果を急ぐということ

国のプロジェクトを受託するとリーダーが急激に人格がかわる、ということは良くあります。それは多額の研究をもらうことで責任がひときわ大きくなることと、出資側の役人が(財務省や国民に対してわかりやすい)成果を早めに求めるからです。
地道にやってきて、成果がつもり、人に認められるようになって大型プロジェクトリーダーに収まるというのは大学研究者として我が国では成功コースのように考えられますが、本当にそうなのかは実に考えものです。
特に日本の工学分野、あるいは建築・土木分野のやってきたことというのは、他分野で開発された材料や工法を転用して、JIS化したり、大臣認定、施工実験を行って実務に反映させるということが研究部門のやることだったので、そもそも画期的な開発行為というのは、施工、構造、コンクリート等の一部の分野に限定される傾向があります。構造部門は新材料が無いとたらしい構法は出てこないし、耐震ということはほとんどやり尽くした感があります。施工はまだ、合理化の余地がありそうです。材料開発は、結局、多くが他分野からのお下がりです。

材料科学に目を転じると、現代の新材開発には多くの基礎研究が基盤となっています。高分子の設計には、分子動力学があたりまえに使われるし、第一原理計算も当然のように利用されます。材料の分析技術も同様で、原子一つの挙動まで理解されて議論されていることが良くあります。実はセメント分野も2000年台初頭からEUでなNanocemプロジェクトがあり、多くのことがあきらかになりつつあります。特に英国や北欧を中心に熱力学平衡計算、NMRによる構造解析などが進んでいた土壌があり、そこに合目的的に成果を出すNanocemプロジェクトが民間資本をベースとしてすすんだこどで、材料設計手法、性能評価/予測手法が構築され、多くに利用されていますが、残念ながら日本ではほとんどキャッチアップできていません。

すくなくとも、欧州のメーカーと同程度の開発能力を持つ部門をつくるのに7年必要だと私は考えます。その上で現状の課題で成果を出すのに2年。予算はおそらく10億くらいで少数精鋭でやればそれなりになるでしょう。でも、大事なのはそれが普及し、普遍化し、そこかしこでそういうった科学的事実にもとづき議論できることが業界の標準になることですが、これには20年はかかるでしょう。国際化じゃなくて、完全に戦後2回目の追いつき政策ですが、それもやむなしと思います。

こうした事実関係を無視して、すぐに成果を、といいだすリーダーは危険です。現場の兵隊と作戦本部には議論が必要で、現場の課題を把握してもらう必要があるのは第2次世界大戦から変わっていません。官僚化する教員、あるいは現役で自分で論文を書けない教員が増えるので、こうなるのでしょうが、それを止めるのが地方大学教員だと認識しています。

がんばってまいりましょう。

8/11/2016

工学といういいわけ。

工学だから、ということを言い訳に、ものの成り立ちを理解しようとしない、原理原則から目を背ける、今まである解釈に固執して他を排除するっていうのは正しくないんじゃないでしょうか。 50年後によりよいものをつくる、次の世代に正しいものづくりを伝える、ものの成り立ちとその原理を明らかにしておくということは遠回りのようでいて、もっと素晴らしい建築とか社会基盤を作る上で大事なことなんじゃないでしょうか。 工学である以上、わからないことを考えてものを作る前進が前提なのはわかります。でも、だからといって、ものを理解しようとしないっていうのはやっぱり間違っているように思います。両者があって社会の両輪なんじゃないでしょうか。
最近、セメント新聞で二人のゼネコンの人がセメント化学は意味が無いと言い切りましたが、そもそも建設に携わる人間として、将来に伝えるための責任が欠如しているんじゃないでしょうか。これは別にお二方、っていうよりも、もう業界自体がそう考えているっていうこと事態の問題です。まるでそれが当然ともいう言い切りに釈然としていませんでしたが、昨日、金子先生と議論して日本にかけているもの、今の日本の問題そのものだったんだと思います。
そうじゃないという意見もあるかもしれないですけど、実用偏重、すぐでる結果偏重、その場をやり過ごすっていうのが多いような気がします。わからないものをわからないということも重要だし、それを受け入れる社会も大事、そしてそれを理解するよう社会として取り組んでより良くしていくことも大事。

私は100年後に繋がる研究がしたいです。自分の子供の世代のために。